Loading...

院長 カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)中西 農

WEB予約

初めての方

空き情報

WHO国際基準のカイロプラクティック

整体やマッサージでは治らなかった痛みに、欧米で医療として提供されている手技療法を。

  • WHO国際基準の
    カイロプラクティック

    整体やマッサージでは治らなかった痛みに、
    欧米で医療として提供されている手技療法を。

当院は日本では数少ない WHO国際基準カイロプラクターによる治療院です。
欧米の医療系国家資格で、整体を超える安全と効果!

欧米ではカイロプラクティックの国家資格(B.C.Sc)があり、 カイロは医療の一環として病院で提供されています。
日本国内の、整体技術者やカイロプラクターのうち 国際認証のカイロプラクターは、3〜5%のみ、約800名前後です。

当院はJACの認定治療院です
駅チカ、土日営業、子連れOK

駅チカ、土日営業、子連れOK!みんなに優しい通いやすさ

4駅4線利用可能。1枠に1人の患者様なので、他の方に気兼ねなくお子様をお連れいただけます。(キッズスペースも有り)忙しい方や子育て中の方も通いやすい治療院を目指しています。

スポーツ治療から肩こり・腰痛

スポーツ傷害から肩こり・腰痛同じ姿勢による痛みの治療まで

自身が長らく剣道を行っていた事もあり、スポーツによる痛みの治療もお任せください。反対に「動かない事による身体の不調」もカイロプラクティックの得意分野です。

プライバシー重視・リラックスできる空間

プライバシー重視の半個室でリラックスできる空間作り

マッサージやリラクとは一線を画すカイロプラクティック。本気で体調の改善を求める方にぜひ出会っていただきたいから、どなたにも落ち着ける空間を提供します。

レイズのこだわりは
「しっかりほぐしてしっかり矯正」

矯正により神経の働きを正常にし、身体全体の自然治癒力・バランスを取り戻すことはとても重要です。
一方で筋肉の強い緊張が歪みの原因になったり、矯正だけでは取りきれない深部の筋肉の緊張が痛みや痺れ等の症状を引き起こすケースも少なくありません。
レイズ カイロプラクティックは「矯正」と「ほぐし」両方のステップを重視することで、相乗効果を生む施術を行います。

DIAGNOSESこんな症状に

整体や接骨院で治らなかった症状や、原因の特定できない痛みもぜひご相談ください。
病院に通院中や妊娠中でも、WHO国際基準カイロは問題なく受けていただけます。

腰痛の治療実績

腰痛

ぎっくり腰、慢性腰痛症、脊柱管狭窄症など

肩こりの治療実績

肩こり

姿勢の悪さから来る肩こり、寝違え、むち打ち後遺症など

頭痛の治療実績

頭痛

片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛など

関節痛の治療実績

関節痛

変形性膝関節症、半月板・靭帯損傷、鵞足炎など

妊娠中・産後の治療実績

妊娠中・産後

産後の骨盤矯正、妊娠中の整体が可能

スポーツ傷害の治療実績

スポーツ傷害

ゴルフ肘、テニス肘、野球肩など

RECENT POSTS

2018.12.04 case

ゴルフによる、首・肘の痛み(アラン様 47歳 男性)


2018.12.04 case

パソコン仕事による肩や背中の痛み (Y.H様 27歳 女性)


2018.11.27 news

12月スケジュール


2018.11.01 news

【初回検査料無料】新規OPENキャンペーン実施中


CHIROPRACTOR

WHO国際基準カイロプラクター 院長 中西農
MINORI NAKANISHI

院長 中西 農

カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)
応用理学士(B.App.Sc)
日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員

中高の部活動で剣道をやっていた時、故障が多く、いろんな病院や治療院に行って治療を受けるうちに、 医療系の仕事に興味を持つようになりました。今では、カイロプラクターとして10年以上臨床におります。

TESTIMONIALS患者様の声

ゴルフによる、首・肘の痛み(アラン様 47歳 男性)

ゴルフの痛み。首、肘の痛みはひどくて悩みました。
中西...


2018.12.04

パソコン仕事による肩や背中の痛み (Y.H様 27歳 女性)

パソコンを長時間使う仕事柄、肩や背中の痛みがあったため来...


2018.12.04

椎間板障害による腰痛、膝痛/ (伊藤 由加里 様 65歳 女性)

40代後半から椎間板障害になり、最近症状がひどく常に腰痛...


2018.10.31

LINE 友達追加

友達追加で簡単予約!

友達追加後、当院に希望時間を送信してください。トーク機能を利用してのお問合せやご質問もお気軽にどうぞ。(※LINE@でご連絡いただく際は、最初にお名前をフルネームでお教え下さい)