Loading...

院長 カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)中西 農

WEB予約

初めての方

空き情報

症例報告

腰痛・背中の疲れ・慢性的な肩こり

2019.07.24 カテゴリー:肩こり 腰痛 

慢性的に肩こりがあります。その延長かどうかわかりませんが、年に何度か寝違えになります。
また、最近重だるいような腰痛が出てきました。10年ほど前にぎっくり腰になったことがあり、またぎっくり腰になってしまうのではないかと思い、怖いです。
それに加えて、背中も疲れているような気がします。色々症状を感じ始めているので、かなり疲れが蓄積してきているのではないかと思います。
仕事は主にデスクワークで、通勤等でできるだけ歩くようにはしていますが、基本的に運動不足なのも良くないと思います。

(49歳 女性)

 

症状

①慢性的な肩のこり
②腰痛
③背中の疲れ

 

施術後の経過

一回目のカイロプラクティック治療以降、腰痛、背中の疲れは感じなくなりました。肩こりも軽減はしましたが、まだ残っているようでした。一週間に一度の施術を5回行い、肩こりもあまり感じなくなりました。現在は、来院間隔を空けながら、好調をキープできるようにメンテナンス治療を行っています。

 

カイロプラクターのコメント

この方の姿勢やお身体の状態を確認したところ、デスクワークの方特有の頭と肩が前に出て猫背になり、骨盤が後ろに傾いているような姿勢でした。このような姿勢になると、首や肩に前後の筋肉のアンバランスが生じ、上位交差性症候群と言われる状態になります。この状態は、縮んで硬くなっている筋肉と伸ばされて弱くなっている筋肉の差が激しくなるので、特定の筋肉に過度にストレスがかかってコリや痛み等の原因となります。この姿勢を変えていかない限りは、辛い部分だけを揉んだりしても改善はみられません。
また、この状態が続いてひどくなると、寝違えぎっくり腰に発展することもあります。

カイロプラクティック治療としましては、主に縮んで硬くなっている筋肉を柔軟にする操作を行いました。また、悪い位置で固まってしまっていた関節を動かすようにアジャストメント矯正)を行いました。ただ、それだけでは伸ばされている筋肉は弱いままなので、施術と並行してエクササイズを毎日行って頂き、弱い筋肉の強化をして頂きました。そうして、根本の原因である上位交差性症候群の改善を試みました。
施術を重ねることで硬い筋肉や関節は柔軟性を取り戻し、ご自分でエクササイズを続けて頂いたことで弱い筋肉は強化され、相乗効果で症状が改善する。施術とエクササイズがうまく噛み合った良い例でした。

施術に通って頂くことはもちろん大切ですが、ご自分でできる範囲でエクササイズを続けていかれることも施術と同じぐらい大切なことです。エクササイズやストレッチの方法は当院でアドバイスさせて頂きますので、是非お気軽にご相談頂ければ思います。


肩のこり 背中の痛み 腰痛 整体 日本橋

TESTIMONIALS利用者様の声

ランニングによる足、お尻、腰の痛み・痺れ(K.M様 47歳 男性)

ハードなマラソン練習が続いた時期に足、尻、腰の痛みと痺れ...


2019.01.22

ゴルフによる、首・肘の痛み(アラン様 47歳 男性)

ゴルフの痛み。首、肘の痛みはひどくて悩みました。
中西...


2018.12.04

パソコン仕事による肩や背中の痛み (Y.H様 27歳 女性)

パソコンを長時間使う仕事柄、肩や背中の痛みがあったため来...


2018.12.04

友達追加で簡単予約!

友達追加後、当院に希望時間を送信してください。トーク機能を利用してのお問合せやご質問もお気軽にどうぞ。(※LINE@でご連絡いただく際は、最初にお名前をフルネームでお教え下さい)

LINE 友達追加

Instagram@raise_chiro

インスタグラムをみる